ムチウチ専門治療と最新の治療器で交通事故による諸症状を改善します

スタッフブログ

スタッフブログ

不眠症と居眠り運転|佐倉市

皆様こんにちは!
佐倉市交通事故治療・むちうち.comです。

10月も半ばを過ぎ、
すっかり秋らしい陽気となってきました。
朝晩と冷える日も増えましたが、風邪などひかれていませんか?
急激な寒暖の差で、体調を崩されないよう
季節の食物からビタミンを摂ったり、
秋の夜長にしっかりと睡眠をとり、疲労を溜め込まないようにしましょう。

さて本日の佐倉市交通事故治療・むちうち.comブログでは
”眠り”についてお話をさせて頂きたいと思います。

毎晩ぐっすり睡眠をとれていますか?
目が覚めたとき、ぐっすり眠れたなぁという熟眠感は得られていますか?

交通事故の原因の1つでもある、”居眠り運転”には、服薬している薬の副作用や、過労などの他
「不眠症」が潜んでいる可能性もあるのです。

例えばご自身で不眠症という感覚を持っていなくても、
実は、今や日本人の3人に1人が不眠に悩まされていると言われています。

例えば、

・朝、目覚める予定時刻より早く目が覚めてしまうv
・朝、目が覚めたときぐっすり眠ったなぁ。という熟眠感が感じられない。
・夜中に何度も目が覚めてしまい、目が覚めた後は中々眠りにつくことができない
・ベッドに入ってから眠りにつくまでに1時間以上かかる

いかがでしょうか?
当てはまる症状があったら、もしかしたら「不眠症」の可能性があるのかもしれません。

不眠症の予防、改善には様々な方法があります。

・規則正しい睡眠時間
・寝酒は避ける
・夕食後のカフェインは摂取しない
・眠りにつく前にスマホやPC、TVなどは観ないようにする
・眠りにつくまえの喫煙はしない
・朝、目が覚めたときには太陽の光を浴びる
・眠る前には、部屋を暗くする
・音楽を小さなボリュウムでかけてリラックスする
・入浴は湯船にしっかりとつかる
・好きな香り、リラックスできる香りを(アロマ、お香など)部屋にたく

眠れないという焦りから、眠ろう眠ろうとすると
余計に眠れなくなってしまうこともありますので、
「そのうち眠れるだろう。」という身軽な気持ちでいることが大切です。

現代社会では、ストレスを溜め込んでしまったり
中々ストレスを解消できないことも不眠症状につながることもあります。
そして知らぬ間に、「不眠症」になってしまっていることもあるのです。

不眠症状がつづくと、日中の眠気や、集中力や注意力が低下してしまいます。
その状態のままハンドルを握ると、おもわぬ交通事故を引き起こしてしまう可能性もありますので、

最近「眠れないな。」
「疲れが溜まっているな。」
と感じたら、早めに症状改善への一歩を踏み出すことが大切なのです。

佐倉市交通事故治療・むちうち.com

TOPへ戻る