ムチウチ専門治療と最新の治療器で交通事故による諸症状を改善します

スタッフブログ

スタッフブログ

歓送迎会でのお酒(飲酒運転はしないさせない)|佐倉市

皆様こんにちは。
佐倉市交通事故治療・むちうち.comです。
まだまだ寒い季節が続いておりますね。
昨晩は雪が降った地域もあり、
朝起きたら私の住んでいる地域でも
雪がうっすらと積もっておりました。

あたたかな日、今朝のような寒い日など
急激な寒暖の差によって
体調も崩しやすくなってしまいます。

このような気候の中では、
冷えからもたらされる肩こり、腰痛、
身体のだるさなどが引き起こしやすくなっています。

あたたかな服装を心がけ、
体調を崩さないようにしてくださいね。

さて、2月も後半へと差し掛かりました。
来週にはあっという間に3月に突入します。
3月は卒業シーズンですね。
卒業式、卒業旅行と、歓送迎会と
様々なイベントが盛りだくさんの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

また楽しいイベントには、
お酒がついて回るものですが
同時に”飲酒運転”をしないように
気を引き締めていかなければなりません。

警察庁によると、アルコールによって
脳の運転に必要な情報処理能力や判断力の低下が起こり、
飲酒運転の死亡事故率は平常時の8.7倍にものぼるという結果が出ており、
酒酔い運転(正常な運転が出来なくなるほどアルコールで酔ってしまった状態)
にもなれば、23.2倍という恐ろしい数字が報告されています。

道路交通法の罰則強化、行政処分の強化、
飲食店の鍵預かりといった関係業者の自主的なはたらきによって
10年前に比べれば飲酒運転自体は
5分の1にまで減少したと言われているものの、、
未だ根絶には至っていません。

改正した道路交通法によりますと、
ドライバーにお酒を提供したり、酒気帯び運転に同乗しただけでも
2年以下の懲役又は30万円以下の罰金、
アルコールを摂取した人に車両を貸しただけでも
3年以下の懲役か50万円以下の罰金と
非常に厳しい罰を科せられることになります。

基本的にお酒を飲んだら飲まないという事を守れば、
負う事のない罪です。
もしかしたら、状況によってはお酒をすすめられることもあるかもしれませんが、
勇気をだして断ることも必要です。
交通事故という悲劇を引き起こさない為に、
社会全体で注意していきましょう。

佐倉市交通事故治療・むちうち.com

 

TOPへ戻る